ローターアクト、インターアクト、ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)、ロータリー青少年交換などを通じて、青少年や若い世代の社会人がリーダーシップ能力を伸ばせるよう支援する部門です。4委員会合同会議を定期的に実施してください。

青少年育成・インターアクト委員会

インターアクトは、12~18歳までの青少年が、地元や学校で同じ世代の若者と知り合い、リーダーシップのスキルを養うことができるプログラムです。

  1. インターアクトクラブの提唱をクラブに呼びかける。
  2. インターアクターがロータリーと関わり続け、ロータリーのプログラムや活動に参加し、卒業後にほかのプログラムに移行できるよう支援する。
  3. インターアクターが、ロータリーのプログラムや活動に参加できるよう支援する。
  4. 学校側、特に顧問教師会との連携を密にし、定期的な会合を実施する。

ローターアクト委員会

ローターアクトは、18以上の若者の集まりです。地域社会でボランティア活動を行い、交流を深めながら、リーダーシップのスキルを養うことができるプログラムです。 世界と日本のRACの違いを感じますが、RACは世界的に注目を集めています。

  1. 30歳で卒業の枠がなくなったことは、会員の維持には朗報です。増強と維持に努めるともに、ローターアクトクラブに関するRI理事会の変更点の理解を浸透させる。
  2. ロータリークラブとローターアクトクラブの集合体が、国際ロータリーを形成していることに関する情報を提供する。
  3. ローターアクターが、ロータリーのプログラムや活動に参加できるよう支援する。
  4. ローターアクトクラブの提唱をクラブに呼びかける。
  5. ローターアクトクラブ、ならびに、ローターアクターとの交流の機会を増やす。
  6. 世界と日本のRACの違いを学び、活動の輪を広げる。
  7. スポンサークラブとの情報交換を密にし、RIへの人頭分担金支払いに備える。

ライラ(RYLA)委員会

RYLAは、クラブや地区によって実施される、若者のためのリーダーシップ養成プログラムです。インターアクトやローターアクトのリーダーシップ能力を高めたり、職業人のリーダーとなる人材を育てるなど、多岐にわたります。

  1. 実施内容等々をできるだけ早い時期にクラブへ情報提供する。
  2. クラブ負担となる費用をできるだけ抑え、参加者を増やす。
  3. 1泊2日が望ましい。

青少年交換委員会

世界100カ国以上で実施されているロータリー青少年交換は、地区とロータリークラブによる支援の下、15~19歳の学生が海外に滞在し、言語や文化を学びながら、海外に友人をつくり、国際理解と親善の大切さを養うことのできるプログラムです。

  1. 地区内の青少年交換活動(派遣と受入れ)の調整を担当する。
  2. RIによる青少年交換参加資格認定と、危機管理を徹底し青少年を守る。
  3. 複数のクラブやグループ内での受け入れを考慮する。
  4. 未経験のクラブへ来日学生を卓話に派遣する。